レグテクトジェネリック

レグテクトジェネリック

レグテクトジェネリックの主成分アカンプロセート(アカンプロサート)はアルコール依存症の治療に有効な薬です。抗酒薬の先発薬レグテクトと同様の効果と成分ですが、価格は安価です。
アルコール依存症の症状は、飲みたいという気持ちをコントロールすることが困難で、通常の生活ができない状態を指しますが、本薬を服用する事でお酒を飲みたいという欲求を抑制することができます。
以下に該当される方は要注意です。

  • お酒が飲みたくて我慢出来ない
  • お酒が引き金となって家族と喧嘩してしまう
  • 辞めたいと思いつつもお酒を飲んでしまう
  • お酒の事で何時も後悔してしまう
  • お酒を飲むための理由を探してしまうなど

お酒をやめたくてもやめられない方は本商品を一度お試し下さい。

アルコール依存症の薬 レグテクトジェネリック
アルコール依存症の薬 レグテクトジェネリック

レグテクトジェネリック

詳細
レグテクトジェネリックの主成分は、「アカンプロサートカルシウム」です。
アルコール依存症の治療に投与され、断酒を補助する効果があります。
※42錠は約7日分です。
有効成分
レグテクトの有効成分「アカンプロサートカルシウム」には、お酒に対する欲求による神経活動の高揚を抑制する働きがあります。
医学的には、グルタミン酸作動性神経の活動亢進により飲酒欲求が高まった時、グルタミン酸の受容体(NMDA受容体)にレグテクトが作用する事により、グルタミン酸作動性神経活動を抑制するということになります。
効果
人は大量のお酒を飲み続けることにより、次第にお酒なしではいられなくなってしまう病気としてアルコール依存症があります。
アルコール依存症になり症状が悪化してしまうと、いくらお酒を止めようと思っても、手の震えや幻覚などの離脱症状まで表れ、自分の意思だけではアルコール依存症を克服することが困難になってしまいます。
アルコール依存症を患っている方の症状で「お酒を飲みたい!」という欲求を抑える治療薬としてレグテクト(アカンプロサート)は開発されました。
レグテクトが承認される以前では、アルコール依存症治療薬として抗酒薬(嫌酒薬)と呼ばれる種類の薬が使用されていましたが、レグテクトとは違い、飲酒欲求を減らすという働きは持っていませんでした。
今までの抗酒薬はお酒が肝臓で分解されないように作用する働きがあり、具体的にはアルコールを分解する酵素「アルデヒド脱水素酵素」の働きを阻害するといった作用でしたが、少量のお酒で体が参ってしまいます。
そのためお酒を摂取したときに、少量のお酒でアルコール中毒のような不快な思いをするということになり、結果的に禁酒をせざるを得ないといったことになります。
飲み方
1回2錠1日3回毎食後に服用してください。
副作用
吐き気、嘔吐、下痢など

もう一度自分がアルコール依存症かどうかをしっかり判断しましょう。

その他の抗酒癖剤

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です