いんきんたむし

とくに若い男性に多くみられる病気で陰のうや内股にでき、からだが温まったときのむずがゆさは相当のものである。

症状

股やおしり、陰のうなど湿っていてこすれやすいところに起こりやすい。

初期は丘疹や小さな膿疱(黄色)く濁った粘液が入っている小さな水疱ができるが、しだいにそれらが環状に並んで堤防状に盛り上がってくる。からだが温まると、かなりのかゆみを感じるようになる。

原因

みず虫同様に白癬菌(カビの一種)が皮膚に寄生して起こる。

治療

抗白癬剤の軟膏を塗って治療すれば一週間から10日ほどで治るが、再発しやすい。

予防

カビは熟や紫外線に弱いので患者の下着はていねいに熱湯消毒し、十分日光に当ててやるとよい。またいんきんたむしの白癬菌は感染力が強く、再発しやすいので、患者は治ったあとも患部を清潔にしておくようふだんから心がけるべきである。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ