精子侵襲症

症状と原因

ほとんど自覚症状はないが、副睾丸(精巣上体)のなかに、触れるとわずかに痛みを感じる小さなしこりができることでわかる。
悪性の病気ではないので手術の必要はない。ただ、結核性副睾丸炎とほとんど区別がつかないほど症状が似ているために、摘出手術後、初めて診断がつくことが多いものである。

原因

副畢丸の周囲の組織に精子が侵入し、かたいしこりが慢性的となってできる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ