睾丸炎

睾丸(精巣)は精子をつくる造精機能をもつ器官で、この睾丸が炎症を起こす病気。適切な診断と治療をしないと不妊症になることもある。

症状

急に寒けがきて高熱が出、陰のうは赤くなってはれあがり、熱感をもつようになる。睾丸も大きくかたくなって、強い痛みを感じるようになる。さらに圧痛も腹部まで及ぶほど激しいものになる。

原因

外部から強い打撲を受けた場合を除いて、ほとんどが後部尿道からの細菌感染によって起こる。感染源となるおもな細菌は大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などで、それらが後部尿道→精管←副睾丸→1睾丸、の経路をたどって感染するもの、また血液を媒介とするものの2つの感染経路がある。一般的には後者の場合のほうが多い。

さらに、おたふくかぜやウィルスの血行感染が原因となることもある。とくにおたふくかぜの場合は、その20%が急性睾丸炎を起こし、後遺症として不妊症である無精子症になることもあるので注意が必要である。

治療

安静にして、睾丸を吊って固定すれば痛みはやわらぎ、細菌感染のものは抗生物質を服用すれば10日間ほどで熟も下がってくる。おたふくかぜによる睾丸炎も安静にしていれば、10~20日間ほどで治るものの、葦丸の萎縮が起きることがあるので注意が必要。左右両方の葦丸が萎縮すると、無精子症といわれる不妊症の原因となる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ