陰のう水瘤

幼児期や老年期に起きやすい陰のうの病気のひとつで、陰のう水瘤ができるものである。

症状

陰のうがはれるが、水瘤が小さいうちはほとんど自覚症状はない。しかし、大きくなると歩行や性交、排尿時の障害となることもある。

原因

睾丸と睾丸を包み込んでいる膜との間に漿液(膜から分泌される透明な液) がたまるために起きる。

治療

子どものうちは注射器を使って液を取り除けば、自然に治ることもあるが、成人してからのものは慢性化しやすいので摘出手術を受け、根治させたほうが安心である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ