亀頭包皮炎

包皮内が不潔になりやすい包茎の人に多い病気で、包皮内に炎症を起こすものである。

症状

亀頭に炎症が起こったり(亀頭炎)包皮の内側にまで炎症が広がったりするもので、軽度のときは包皮と亀頭のかゆみのほかに、はれたり、皮膚が赤くなったり、焼けるような感じがすることがある。
さらに悪化すると、びらん(ただれ)ができ、うみが出ることもある。また、排尿のときに痛みをおぼえ、そのために頻尿となりやすい。

原因

包茎のために包皮内に恥垢がたまると、その変化物が刺激を包皮に与えて炎症を起こす。また、包皮を不潔にしていたために、細菌の感染によって炎症が起こる場合もある。

治療

局部を消毒したあとで、抗生物質の軟膏を使って治療するが、症状の程度によっては抗生物質の内服が必要なこともある。真性包茎ばかりでなく仮性包茎であってもこの病気になりやすいので、手術で包茎を治すのが一番の治療法である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ