バルトリン腺炎症・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺のう腫

バルトリン腺は、性的に興奮したときに粘液を分泌する膣の入り口にある分泌腺である。パルトリン腺炎は、パルトリン腺に大腸菌などの細菌が侵入して起こす炎症をいう。
この炎症が進行して、バルトリン腺の開口部が癒着し、うみがたまって膿瘍となったものがバルトリン腺膿瘍、分泌物がたまったものがバルトリン腺のう腫である。
痔痛があり、ひどくなると鶏卵大くらいに赤くはれあがる。

治療

炎症が軽度の場合は抗生物質と消炎鎮痛剤で治る。はれと痛みが激しいときは、注射針でうみを吸引するか切開するが、うみを出しただけでは再発するので、新しい円形の口をつく造袋術が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ