外陰潰瘍

外陰潰瘍を伴う疾患はいろいろ考えられるが、ベーチェット症候群のひとつの症状とみるのが最も一般的である。
アフタ性口内炎、強膜炎、ブドウ膜炎、虹彩炎、結節性紅斑などを併発して外陰部(大陰唇、小陰唇) のほか、膣粘膜にも潰瘍ができ、ひどくなると深くえぐられたようになる。通常、2~4週間で自然に治るが、月経時に再発することがある。ヘルペスとは症状によリ区別されるが、がんと誤りやすく、診断には組織検査が必要になる。ベーチェット症候群は自己免疫疾患とされ原因が不明のため、現時点では決定的な治療法はない。対症療法として、局所を清潔にして、鎮痛剤や抗生物質の外用剤を用いたり、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ