真珠腫性中耳炎

慢性中耳炎の一種で、鼓膜に開いた穴から上皮が中耳に入り込み、上皮の剥脱角化物がたまって腫瘍(真珠腫)のように見える。

悪臭のある耳だれがあり、難聴を伴うが痛みはない。ただし、真珠腫が大きくなると、周囲の組織を破壊して顔面神経やまひ、めまい、さらに頭蓋に達すると脳膜炎を起こすことがあるので、手術によって早期に治療する必要がある。

鼓室形成術で聴力も回復し、予後も良好である。なお、腫といっても感性のがんではない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ