ダウン症

症状 精神発達の遅れと、顔つき、からだつきに顔つきに異常があらわれる。とくに目立つのが顔つきで、丸い顔に細くつり上がった目、低い鼻(鞍鼻)、小さく厚い昏と大きな舌が特徴。 このほか、首が短い、後頭部扁平、耳の奇形、幅広く...

染色体異常

受胎時の染色体の異常によって発症する。染色体は遺伝子の集合体で、人間の場合、各細胞に2本ずつ対をなして23対、計46本ある。 このうち、22村は男女共通の常染色体であり、1対はとYで男女で異なり、性を決定する性染色体であ...

憤怒けいれん

泣き入りひきつけともいう。転んだり、叱られたりして激しく泣いているうちに、息を大きく吸い込んでそのまま呼吸が止まり、顔の色は紫色になり、ときに意識が消失。全身が硬直して、けいれんを起こす。 ふつうⅠ分以内でおさまり、抱い...

鼠径ヘルニア

小腸の一部が太もものつけ根にとび出してくる病気。いわゆる脱腸で、片側だけの場合と左右両方の場合がある。比較的男子に多く、ときに陰のうの下まで下がってくる。手で押すと、グルグルと音がして、腸がおなかのなかへ戻る場合にはほと...

水頭症

脳脊髄液の産生過剰、脳脊髄液路の閉鎖または狭窄により、脳の中心部の脳室に髄液がたまる病気。 症状 生後1~2ヶ月から頭囲がどんどん大きくなり、脳実質が圧迫損傷されて、発育発達が妨げられる。首のすわりやお座りが遅れ、手足の...

斜頸

筋性・炎症性・外傷性・眼性・骨性・習慣性に分けられるが、一般には筋性斜頸をいう。 症状の原因 しこりのある側と反対のほうに顔を曲げ、その方向ばかり向いて寝る。しこりは生後5日ごろから発生し、3週間くらいまで大きくなる。 ...