腸結核

症状 結核菌が腸に感染して起きる病気で、おもな症状は、便秘や下痢といった便通異常、腹痛、発熱である。便通異常は約45% が下痢、約38%が便秘で、そのほか両方がかわるがわるあらわれることがある。 腹痛は右下腹部とへその周...

急性腹膜炎

腹膜に起こる急性の炎症で、さまざまな原因により起こる。 症状 我慢できないほどの激しい腹痛があり、吐きけや嘔吐、ときに腹部の膨満感を伴う。痛みは一様ではなく、しだいに強くなる。とくに腹部に手を当てて軽く押し、離すと反射的...

慢性腹膜炎

慢性腹膜炎には結核性腹膜炎、癒着性腹膜炎(腹腔内癒着)などがある。 結核性腹膜炎 症状と原因 結核菌の感染によって起こる腹膜炎だが、はじめから腹膜に起こることはまれである。ふつうは肺結核、結核性胸膜炎、腸結核などの結核症...

ツールバーへスキップ