バルトリン腺炎症・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺のう腫

バルトリン腺は、性的に興奮したときに粘液を分泌する膣の入り口にある分泌腺である。パルトリン腺炎は、パルトリン腺に大腸菌などの細菌が侵入して起こす炎症をいう。 この炎症が進行して、バルトリン腺の開口部が癒着し、うみがたまっ...

骨盤腹膜炎

子宮、膀胱、直腸は小骨盤内にあり、これらの上面をおおっている腹膜を骨盤腹膜という。骨盤腹膜炎は子宮周囲炎、卵巣周囲炎を含んだ骨盤腹膜の炎症の総称。 症状 小骨盤に限られた腹膜炎であるため、広範囲の腹膜炎よりも症状は軽いが...

子宮付属器炎

骨盤のなかの性器臓器のうち、最も炎症を起こしやすいのが卵管であるが、卵巣の炎症を併発している場合も多いことから、これらの炎症の総称を子宮付属器炎という。 症状 急性期、亜急性期(急性と慢性の中間的な時期)、慢性期とで症状...

ツールバーへスキップ