アトピー性皮膚炎

症状 乳児の場合、頼や額を中心に、頭や耳のまわりに赤く小さなブツブツができ、ジクジクしたり、かさぶたにしろ、つなったり、脂漏を伴う場合もある。首まわりやわきの下、手足の関節部分、足のつけ根に出ることもあり、かゆみが強いた...

とびひ

おもに黄色ブドウ球菌によって起こる伝染性の皮膚病で、小さい傷や虫さされなどをひっかいて菌が侵入する。夏に多くみられるものである。 症状 突然、大小さまざまな水疱が顔やからだのいたるところにあらわれる。水疱は破れやすく、た...

手足口病

症状 口のなかに小さな潰瘍が多くすいでき、手のひらや足の裏にも長細い水疱ができる。水疱の皮は厚く、簡単に破れることはない。足やおしりにも水疱ができることがある。 症状 水疱瘡と違って、全身や有髪部位には発疹はあらわれない...

小児肘内障

赤ちゃんの手を上に引っばったとき、転んで手を下敷きにしたときなどに痛がって泣きだし、手を上げることもできなくなることがある。腱の位置のずれが原因で、これを肘内障という。 症状 痛がるが、ひじのあたりははれも熱もない。放置...

ペルテス病

3歳から12歳ころの男児によくみられる病気で、大腿骨頭に栄養を運んでいる血管の血流が悪くなり、成長中の骨頭部が一時的に腐って起こる。 しかし、一度腐っても、まわりから栄養血管が入り込み、2~3年のうちに元どおりになる。原...