中心性脈絡網膜炎

中心性脈絡網膜炎とは、網膜の中心にあり、いちばん物がよく見える黄斑がはれたり、むくんだりしたもの。 症状 40歳前後の目を使う仕事の多い人に起こりやすく、物を見ようとして、そ真ん中が小さく見えたり、大きく見えたり、ゆがん...

ツールバーへスキップ