変形性脊椎症

椎間板が老化などで変性し、組織の構造や成分が変化したため、椎間板変性症となり、この病状が進むと変形性脊椎症になる。椎間板のクッション性が少なくなり、椎体と椎体がぶつかりやすくなると同時に靱帯の変化も加わり、骨のふちにトゲ...

ツールバーへスキップ