染色体異常

受胎時の染色体の異常によって発症する。染色体は遺伝子の集合体で、人間の場合、各細胞に2本ずつ対をなして23対、計46本ある。 このうち、22村は男女共通の常染色体であり、1対はとYで男女で異なり、性を決定する性染色体であ...

ツールバーへスキップ