胃・十二指腸潰瘍

胃壁や十二指腸壁がただれて潰瘍ができる病気である。潰瘍の程度はさまざまで、大きさは数mmのものから数cmのものまで、深さも粘膜下層までの比較的浅いものから、腹膜まで穴(穿孔)が達してしまう深いものまである。 また潰瘍の数...

ツールバーへスキップ