脊椎分離症 脊椎すべり症

脊椎が前方部分と後方部分に分かれている状態を脊椎分離症という。椎間板が薄くなる椎間板変形症や、変形性脊椎関節症のときに起こりやすい。脊椎すべり症は、骨が前後に分離してしまうと体重や外部からの力はすベて前方の椎体に集中して...

ツールバーへスキップ