薬疹

注射や内服などで体内に入った薬の成分が原因で生じた発疹を薬疹という。いわば薬の副作用のひとつで、薬が直接肌に触れることで起きる接触性皮膚炎とは異なる。 薬疹を起こす薬はとくに限られておらず、どんな薬でも起きる可能性がある...

ツールバーへスキップ