スクリーニングテスト

ギャンブル依存症かどうかの診断基準には、アメリカでつくられた2つの手法が日本でも用いられています。ひとつは、アメリカ精神医学会によって出版されている「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM) 」で、その最新版の概略は次の通りです。

ギャンブル依存症の診断基準

  • 賭博のことを考えることが多い(強いギャンブル欲求)
  • 興奮を得るため賭け金の額を増やす(耐性)
  • 賭博を減らす努力をして失敗したことがある(調節障害)
  • 賭博を減らすと不安、落ち着かない(離脱症状)
  • 不安な気分の解消手段としての賭博(逃避)
  • 賭博の損失を賭博でとり戻そうとする(深追い)
  • 賭博へののめり込みを隠すために嘘をつく(罪悪感)
  • 賭博のために大切な人間関係、仕事などが危うくなる(人間関係のヒビ)
  • 絶望的経済状況を救うために他人に借金を頼む(経済的問題)

重症度

4~5個
軽症
6~7
中等症
8~9
重症

もうひとつは、ニューヨークのサウス・オークス財団が1980年代にギャンブル依存症の診断のために開発したテストです。

サウス・オークス・ギャンブリング・スクリーン

1.ギャンブルで負けたとき、負けをとり戻そうと別の日にギャンブルをしますか?
  1. しない
  2. 2回に1回する
  3. たいていする
  4. いつもする
2.ギャンブルで負けたときでも、勝っていると嘘をついたことがありますか?
  1. ない
  2. 半分はそうする
  3. たいていはする
3.ギャンブルのために、なにか問題が生じたことがありますか?
  1. ない
  2. 以前はあったが今はない
  3. ある
4.自分がしようと思った以上に、ギャンブルにはまったことがありますか?
  1. ある
  2. ない
5.ギャンブルのために人から非難を受けたことがありますか?
  1. ある
  2. ない
6.自分のギャンブル癖やその結果生じた事柄に対して悪いなと感じたことがありますか?
  1. ある
  2. ない
7.ギャンブルをやめようと思っても、不可能だと感じたことがありますか?
  1. ある
  2. ない
8.ギャンブルの証拠になるような券などを家族の目に触れぬように隠したことがありますか?
  1. ある
  2. ない
9.ギャンブルに使うお金に関して、家族と口論になったことがありますか?
  1. ある
  2. ない
10.借りたお金をギャンブルに使ってしまい、返せなくなったことがありますか?
  1. ある
  2. ない
11.ギャンブルのために仕事をさばったことがありますか?
  1. ある
  2. ない
12.ギャンブルに使うお金をどのようにして作りますか? またどのようにして借金しますか? 当てはまるもの全部に○ をつけてください。
  1. 生活費を削って
  2. 配偶者や両親のお金から
  3. 親戚・知人からる
  4. 銀行から
  5. 消費者金融から
  6. 定期預金の解約
  • 質問1(3、4)
  • 質問2~3(2、3)
  • 質問4~11(1が1点)
  • 質問12(1~6までで当てはまった数の合計)
3~4点
問題あるギャンブル
5点以上
ギャンブル依存症

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です