カジノを設置するなら依存症対策をしっかりしなければいけない

横浜のカジノの誘致が本格化してきました。最初、反対していた知事が急に賛成派にまわってしまったのはどうしてでしょう?収益化できるものにもっと健全なものがあるはずです。世界からギャンブラーは集まるかもしれませんが、治安も悪くなりそうです。

日本にカジノができたら、それをきっかけとしてギャンブル依存症になる人は出てくるでしょう。パチンコのような非戦略的ギャンブリング、さらには競馬や競輪のよぅに初歩的な戦略的ギャンブリングにはまらなかったけれど、カジノのルーレットやバカラのようにいっそう高度な戦略的ゲームのやりとりに喜びを見出すタイプで、ある程度お金に余裕があるなら、そこにはまる人が出てきても不思議ではありません。

でも、そのような戦略的な指向性が強く、なおかつ依存症になるはどカジノに通い詰めるだけの資金力がある人は人口的には少ないですから、カジノが新たに設直されても日本におけるギャンブル依存症の大勢に大きな影響は与えないでしょう。

カジノはパチンコのようにメジャーにはなれないのです。しかし、カジノでギャンブル依存症になると大変目立ちます。せいぜい数万円単位の損をするのが関の山であるパチンコなどとは違い、カジノはその日のうちに数百万円、数千万円を失うこともあり得ますから、全財産をあっという間に失ってスッカラカンとなり、翌朝ホテルから飛び降り自殺するということも起こり得ます。

すると「カジノができたから、こんな犠牲者が出た。なぜこんなものを許したんだ」という声が反対派から一斉に上がるでしょうし、マスコミもそれを大々的に報道するでしょう。

国会を舞台にカジノ設置の善し悪しをめぐる議論が進むにつれて、ギャンブル依存症の問題がクローズアップされました。国策として新たにカジノをつくる以上は依存症対策をきちんとしてほしいですし、そのための予算も十分確保すべきだと思いますが、同時にカジノよりもっと身近な現行のギャンブルの依存症にどう対処するかを改めて真剣に考えてもらいたいと思います。

具体的には、全国の保健所でギャンブル依存症に対する相談体制を整えて、エイズ検査と同じように初回は無料にするべき。1回では依存症から完全に脱することはできませんが、大事なのは治る、治らないということより軌道修正。

ギャンブルをなんのためにしているのか、自分がなぜそんなに混乱しているのかを本人と家族が考えて、どの方向へ軌道修正すべきかを考えるきっかけになればよいのです。方向づけくらいならば1回の介入でも十分有意義だと思いますから、そのために必要な体制を整える資金は、カジノオペレーターの稼ぎから一定額を拠出してもらいましょう。

欲望充足法なら、他の合併症や重症化因子がなければ1回のアプローチでも有効です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です