ギャンブル以外で欲望を満たす

基本となる3つのステップを踏まえたところで、のようにギャンブル依存症の治療が行われているかです。まずご本人さんに次のようなワークシートを渡して、医師と一緒になって自らの小異の欲望を探し、ギャンブルに代わる欲望の満たし方を見つけていきます。

欲望探索および代替行動発見のためのワークシート

ギャンブルをはじめた目的
  • 暇つぶし
  • 気分転換
  • イヤなことやツライことを忘れるため
  • 勝利の結果得られる優越感や達成感を得るため
  • 結果までのわくわく感、期待感、スリルを味わうため
  • ギャンブル対象そのもの(テーマ、キャラクター、選手、馬などが)好き
  • 小遣い(遊興費)を稼ぐ
  • 生活費のため
  • 借金返済のため
  • その他( )
現在のギャンブルの目的
  • 暇つぶし
  • 気分転換
  • イヤなことやツライことを忘れるため
  • 勝利の結果得られる優越感や達成感を得るため
  • 結果までのわくわく感、期待感、スリルを味わうため
  • ギャンブル対象そのもの(テーマ、キャラクター、選手、馬などが)好き
  • 小遣い(遊興費)を稼ぐ
  • 生活費のため
  • 借金返済のため
  • その他( )
もっとも重要な目的から順番に並べてください。
  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )
それぞれの目的を果たすためにどのようなエ夫や努力をしてきましたか?
( )
目的は果たされたか
( )
果たされている→よかったですね。これからも工夫して果たせるように努力してください。

さまざまな工夫を試みたにもかかわらず、目的が果たせなかった理由
  • ギャンブルそのものが目的を達成する手段としては不適切なものになってしまった
  • 複数の目的を求めたために結果としてそれぞれの達成度が中途半端なものになった
  • という2 つのの場合が考えられます。どちらがより当てはまりますか?

再度自分がギャンブルに感じるもっとも強い魅力を挙げてください
( )
過去に同じような魅力をギャンブル以外で感じたことはありますか?
( )
今後ギャンブルに関連した魅力や欲望充足感をギャンブル以外で獲得するためにはどのような方法がありますか? 思いつくままに挙げてみてください(ただし法的許容範曲内で)自分ができそうな行為について
( )

ギャンブルをするかしないかは個人の意思を超えた多様な要因によって決まります。したがってギャンブルそのものの頻度や金額にはこだわらず、ギャンブルの代わりになるものを見つけることに専念してください。ギャンブルをやめているときは、たまたま運よく衝動が止まっているにすぎません。自力でやめているなどと勘違いせず、その状況に感謝しましょう。そして、その状況の維持に努めましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です