マイナーであまり目立たないニッチな趣味がおすすめ

ギャンブルだけに勝利欲や名誉欲の充足を求めることに限界を感じたら、ギャンブル以外でどうやってこれらの欲望を満たせばよいのでしょうか。

勝利欲、名誉欲を得るために、どの分野を攻めるかについてのヒントは「過去に同じような魅力をギャンブル以外で感じたことはありますか? あるとしたら、それはどのようなものでしたか」という質問に対する答えから得られます。

誰しも人間には勝利飲も名誉欲もあります。ですからギャンブルに出合う前にも、その欲望を刺激されたことがあったはずです。それを思い出してみて、その延長線上でなにか探してみるのです。

勝ち負けがはっきりしない趣味では、勝利欲は達成欲に置き換えられます。そうすると「学生時代、国語の授業で俳句をつくったときに先生から褒められてすごくうれしかった」とか「撮った写真を友人にメールで送ったら、まるでプロ並みだと褒められて気分がよかった」というふうに思い出してきます。そうした記憶をヒントに「ではもういっぺん、それをやってみましょうか」というのがベストです。

このように自分が興味をそそられるテーマで、なおかつできそうなことを手当たり次第やってみます。しかし、大事なポイントがひとつあります。

それはメジャーなことにトライするのはNGです。競争相手が大勢いますから、達成欲や名誉欲を満たせる確率が低いのです。

たとえば、将棋、囲碁、麻雀などは達人たちが長年しのぎを削っていますから、新参か者が勝利欲、達成欲、名誉欲を満たせる可能性は低いのです。

勝利欲、達成欲、名誉欲を得たい人が選ぶべきは参加者が少ないマイナーな分野です。たとえばですが、川柳が好きだったので、サラリーマン川柳に応募することにしました。すると5、6回に1回は入選するようになり、名前が載るようになって勝利欲、名誉欲を満たせるようになりました。

勝利欲と名誉欲は、誰かから評価してもらわないと意味がないのです。その点、ブログはいいツールです。ネット上は、非常にマイナーでニッチな趣味を持つブロガーであふれています。

あるギャンブル依存症の方は「ハリー・ポッター」に出てくる魔法の杖のように、古い枯れ木を山から拾ってきて写真に撮って、その画像をブログに載せはじめました。いかにも自然のままの造形で、霊気と風格が漂っていることをアピールするのです。

すると同じ趣味の人から「おお、すごいの見つけたね! 」というリアクションがドッとくるそうです。こうしてアクセス数が増えたり、反響が大きかったりすることで達成感が出てやる気につながりました。普通の山登りやハイキングでも山頂に到達したときに達成感は味わえますが、その人は魔法の杖然とした枯れ木を探すために山登りをしています。

山登りサークルに入って百名山を踏破するのもよいですが、サークルのような集団のなかで評価を得ようとすると大変。個人でできる趣味的なもののほうがより手軽です。

マッチ箱、ご当地インスタントラーメン、街角の一風変わった看板や道に落ちている片方だけの手袋などの珍風景写真…。暇がない限り誰もやらないようなテーマに大真面目にとり組むのも一手なのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です