若者に多い「将来展望喪失型」

20歳代のギャンブル依存症の典型に将来の展望が描けなくなり、無気力になってしまう「将来展望喪失型」というものがあります。

とくに学生時代にスポーツなどへの熱中体験があった人に多い印象があります。大学を出て一応就職をしてみたけれど、思っていた企業とは違うし、思っていた仕事ではなかった。自分にはもっと合う会社、合う仕事があるのではないか… 。

そう考えて鬱々としている精神状態に耐えられなり、ギャンブルに現実逃避するのです。将来を考えると不安なのに、ギャンブルをしている間は生き生きとします。ギャンブルに集中している間は一時的に生きる意味が感じられるので、手っとり早い現実逃避の手段となるのです。

こういう若年層の多くは無気力で、欲望そのものが曖昧です。私たちが彼らの欲望を探ろうとしても、「なにをしても面白くない」「寝てぼうっとしているだけでいい」などといった答えが返ってきます。こうした無気力な将来展望喪失型は、正規で就職している人にもフリーターや非正規雇用者にも同じようにみられます。共通して仕事に喜びも達成感も見出せていないという特徴があります。

いうならば「現実逃避欲」や「睡眠欲」を必要としている人たちですから「いかにぅまく現実逃避するか」「どれだけ気持ちよく眠れるか」という欲望充足をギャンブル以外でしてもらうしかありません。

そこで「リラックスして」「ぼうっとできて」「現実逃避できる」という工夫を一生懸命行います。気持ちよく眠るためには、適度に身体を動かして適度に疲れていないといけません。ですから、身体を動かすのが苦ではない人には手軽なウォーキングやサイクリングを試してもらいます。風呂好きなら、リラックス効果が高いアロマ入りの入浴剤を溶かした風呂に入ってぼうっとするのもいいでしょう。

心の奥底にある本音は、「生活費を稼がないといけないから仕事をしているけれど、こんなつまらない世の中に生きている意味はない」という虚無感です。「とりあえず目の前の現実から一時的に逃げたい」のですから、「それがあなた自身の目的なら徹底的に逃げましょう。罪悪感や自責感など抱えずに気持ちよく逃げる」という手段です。

現実逃避の手段としてのギャンブルは、効果以上に金がかかります。収入も全部消えて借金まで負ってしまいます。それでは不本意でしょうから、「もっとお金をかけず忙、もっと気持ちよく現実逃避できる方法を探しませんか?」ということです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です