やめなくてもよい、恨まない

最近のギャンブル依存症の治療では、「ギャンブルをやめなさい!」というアプローチをしないのもの多数あります。その代わり、次のような話があります。

ギャンブルはひとつの欲望だけに絞って追求してください。勝利欲や名誉欲を追求すると、毎月これだけのお金が消えていますが、そこで「損をした」とか「お金をドブに捨てたようなもの」などと考えてないこと。

勝利の喜びと名誉と感動を体験させてもらっているのですから、それではギャンブルの提供者に失礼です。ありがたく5万円でも8万円でも「お布施」として出してください。損をした、お金をドブに捨てたという考えが頭をもたげるのは金銭欲のせいです。

その発想が頭の片隅に残っている限り、つねに不充足感がつきまといます。その結果、損失を補うという目的の「余計な」ギャンブルをしてしまいます。勝ちたいためにやっているのか、お金を儲けたいのかがわからなくなるのは邪道です。

ひとつの欲望に徹してギャンブルをしてくださいこういうことをひたすら説き続けます。「やめましょう」とか「してはいけません」とは絶対にいわないのがこのアプローチのポイントなのです。むしろ「してください」「徹底してください」「相手に感謝しましょう」と説くわけです。

ギャンブルで勝利欲を満たして代わりにお金を失ったとしても、ひとつの欲望達成には役立っているのですから、本来なら「ありがとう」と感謝すべき。それなのに欲望が乱立していると金銭欲という別の目標が達成できないゆえに「オレの金をとりやがった」という恨みに変わります。恨みを抱くと「いまに目にもの見せてやる」「全部とり戻してやる」という復讐心忙つながります。復讐心は、人間の心を狂わせます。そして、復讐心と感謝とは正反対のものです。

ギャンブルにのめり込んでいる人は、ギャンブルに対して激しい恨みと復讐心を持っています。複数の欲望を求めると、それらをすべて充足させることはできなくなり、どううまく立ちまわっても恨みや満たされない心、欲が燃え残ります。

ですから、はなからひとつの欲望だけを追求して、それを満たしてくれて「ありがとう」と心の底から感謝するべき。となると、下手な復讐心や恨みは少なくなります。復讐心や恨みがあると、とっくに尽きた緑もなかなか切れません。これを「腐れ縁」と呼びます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です