主婦にも多い現実逃避型

若者に多い「将来展望喪失型」を紹介しましたが、非正規雇用は全雇用者の38 % にも及び、男性の非正規雇用の平均年収は1 6 8万円、月収は14万円ほど です。

月収14万円のフリーターが稼いだお金を全部ギャンブルに使って達成欲と現実逃避欲が得られたとしても、その対価として月々14万円も差し出すくらいなら、もっと他に安価で合理的な現実逃避のための手段はあります。

運動や入浴以外でも好きなゲームや漫画を「大人買い」 して、その世界にどっぷり浸るという手もあります。ゲームや漫画を大量に買って楽しみ、飽きたらアマゾンのマーケットプレイスやオークションサイトなどで売って、次の軍資金に充てるということを繰り返していくのも一手です。

入浴剤、お香、ゲーム、漫画本の大人買いにしても、月々10 万円もいらないでしょう。月収14万円なら残り4万円は将来のために貯金をしたり、パラサイトしている親に食事代として渡してあげたりすることができるようになります。

若年層以外にも、主婦が現実逃避欲でギャンブルに依存するケースも少なくありません。夫とのすれ違い、姑との軋轢などから一時でも逃れたいという一心で、ギャンブルに逃避するのです。

こういう主婦にも、ギャンブル以外で現実逃避できるものを考えなければいけません。

カララオケや通信講座もいいですし、市民講座やカルチャーセンターに通ったり、余暇を活用してボランティア活動をしたりするのもよいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です