子供には財産を残さない

親が「もうお手上げ」というメッセージを明確に伝えれば、子どもにはなんらかの葛藤が生じるでしょう。「オレはなんのためにネットとゲームばかりしているんだろう?本当はなにをしたいんだろう? 」と否が応でも考えると思います。

そこからすべてがはじまるのです。親が3食昼寝つきの環境を与えていたら永遠になにも変わることはありません。「この子にお金を残して死んだら、なにをするかわからない」と心配になったとしたら、貯金をすべて使い切るか、遺言書をつくって慈善事業へ全額寄付してから死んでください。

親は「自分たちがいなくなったら、まともに働いた経験がなく生活力がない子どもは無一文でどうなるのだろう」と不安になるでしょうが、子どもが困り果てて周囲に「ごめんなさい、なんとかしてください」と本気で頼めば、生活保護で最低限の生活は保障されるのが、よくも悪くもいまの日本社会ですから心配はいりません。

国内でテロや内戟が続いて生存が脅かされている国では、ネットにもゲームにも依存している場合ではありません。そういう意味ではネットやゲームへの依存は、国が平和で余裕があるから起きる障害だといえます。しかし、それを「平和ボケ」「贅沢病」と非難するのは間違いです。

依存症がない国は、裏を返すと国民に自由がない独裁主義国家ですから、自由を保障する民主主義を標模する国では依存症が生じるのは当たり前。そのために生活保護を使うのは、民主主義社会が払うべき最低限のコストなのです。

脅しには屈せず「もうお手上げ」のメッセージ

未成年者のネットやゲームの依存症では、葛藤を持とうにも持てない快適な環境を親が与えていることこそ、解決すべき最大のポイントです。

親は「自分たちが生んで育てた子どもだから、自分たちで責任をとらなくてはいけない」と過剰な責任感を抱いています。しかし、成人するまで育てて依存症が続いているとしたら、もはや親に対処能力がないのは明らか。ここは早々に「お手上げ宣言」をするはうがよはど責任ある行動です。

あえて極端なことをいうと、「ごめんなさい、もう、どうにもなりません 」うつ病になったほうがよほどいいのです。実際、「私はうつ病になるくらいつらい」と訴える依存症者の母親に「だったら本気でうつ病になってください。ならなくても、なったふりをして1ヶ月間布団をかぶって、ウンウン唸ってください」とアドバイスする精神科医もいます。

そうなったら、息子は「お母さんはいつもこの時間になるとど飯を運んできてくれるのにおかしいぞ」と不審に思って、自分の部屋から出てくるでしょう。すると、頼みの母親が頭から布団をかぶってウンウンと唸っている姿を見つけます。「お母さん、起きて、オレのど飯は?」と声をかけても、「料理もなにもする気が起こらない。私、うつ病なの」と病院からもらった薬を見せます。すると息子は「ふざけんなよ! 」と大声でわめいて茶碗を2 つ3 つ壊すかもしれませんし、「なにもしてくれないなら、コンビニ強盗するぞ! 」と脅してくるかもしれません。

そうしたら「あなたが強盗するのはつらいけど、私はどうしようもできないの。警察に捕まったら、お母さんは這ってでも面会にいくから待っててね」と愛情を伝えます。

このストーリーは極端かもしれませんが、自分たちはお手上げだというS O S をこれくらい鮮明に伝えないと次につながらないということ。せっせと子どもの世話をしながら依存症を断ち切ってやろうとしても無理なのです。

ネットやゲームに依存する子供のことが心配でならない

最近は、「ネット依存治療研究部門」なが開設されている病院も増えてきました、専門の医師が中心となって外来診療を行っています。

いわば、日本初の「ネット外来」 です。2008年時点の調査によると、日本でネット依存が疑われる成人は全国で2 70万人にのぼると推定されています。そのうちの進行例は、お金は失わないにしても1日中家に引きこもって、仕事をする意欲もなくなり、ネットやゲームが生活の中心になっています。ちなみに中高生のネット依存、推計93万人います(2019年時点)

ギャンブル依存症と違って未成年の患者が多く、「うちの息子、ど飯を食べるとき以外はずっとうちでネットやゲームをしています」と悩む親御さんが大勢いらっしゃいます。

子どもを依存から立ち直らせたいと思っても、いきなりネットを使えなくしたりゲーム機を捨てたりするのはやめたほうがいいです。親の権力を振りかざしたくなるのでしょうが、極端な行動は過剰な暴力を引き出す恐れさえあります。

以前ネットを無断で使えないようにした父親を息子が殺すという痛ましい事件がありましたが、犯人の息子にとってみれば「自分はむしろ被害者」という意識です。自分が生きていくうえでもっとも大切だと思っていたネットを無断で使えないようにするのは、死に値する仕打ちだと思えたでしょう。

そもそも家庭で親に強い権力があるのなら、依存状態になる前に抑えられるはず。それができないから快適な環境を与えているわけです。本当忙なんとかしようと思うなら、ネットやゲームだけをとりあげるのでなく、「もうどうにもできない」と宣言して衣食住の快適な環境そのものを親子ともども放棄すれば、子どもは引きこもっていた部屋から嫌々ながらも這い出てくるでしょう。

快適な状況を壊されると怒って暴れるかもしれませんが、そうやって生傷を負いながら生きる道を定めていくのが人間ともいえます。普通はそれを中学生のころまでに済ませるものですが、ネットやゲームの依存症者はある程度年をとっていても内面的には中学生以下かもしれません。

つまり、引きこもりの根っこには、親との関係性を巡る問題が潜んでいるということです。引きこもりで、ネットやゲームの依存症の少年少女たちは「最後はお父さん、お母さんが、なんとかしてくれるだろう」と親に対して過剰な万能感を持っているのです。

だからこそ、ネットやゲームを唐突に断ち切ると殺意が芽生えることがあるのです。誰かに過剰な万能感を抱いていると、その気持ちが裏切られたときの憎悪は激しくなるからです。

プライドが高い高齢者の場合

高齢者に多い「人生の意味喪失型」のギャンブル依存症に関しては、家族の言葉はとくに大きな効果を発揮します。

ビジネスパーソンの場合、退職しても本人はバリバリ働けるつもりでいます。仮に59歳までの能力を1 00だとすると、60歳で定年退職するときに能力がいきなり0 になるわけではないのです。いくらでも働けるのに定年退職しただけなので、「まだまだオレはいける」というところをどこかで見せたいと思っています。

第2 の職場、第3 の職場が見つかればよいのでしょうが、そうした職場が見つからなくても、いちばん身近な家族が評価をして言葉で伝えるだけでも本人は救われるのです。

定年退職している人には「家庭内で役割を与えるのがよい」とアドバイスする専門家もいますが、たとえば「お父さん、これからはポチの散歩係をお願い」と頼んでも、なにかバカにされた気持ちになったり拒否感を抱いたりする人もいるでしょう。

「大企業を停年まで勤めたオレにやらせるのか! 」とへソを曲げてしまい、さっさとギャンブルに出かけるようなケースも実際にあります。

ならばと「自治会や地元のボランティアグループに参加する」という手も考えられますが、そこで必ず高い評価が得られるとは限りません。

ギャンブルにのめり込むのは高齢者のなかでも評価や達成感を強く求めているタイプですから、大勢で同じことをやっても期待した評価や達成感を得るのは難しいかもしれません。他人から評価されるような趣味と出会えればラッキーですが、見つからなくても家族の言葉だけで精神的に十分に満たされます。

「お父さん、あのときはありがとう」とか「あのときは嫌なこといってどめんね」と言う言葉をかけるだけで自尊心が満たされてハッピーになり、ギャンブルで欲望を満たす必要がなくなってくるのです。

 

アホらしいと覚めた気持ちにならなければ夫婦でいましよう

互いに気持ちよく離婚できる人たちは、ここまで突き詰めているのかもしれません。離婚したのに、またくっついたり、離れたりを繰り返すのは、お世話欲を十分相手に出し切れていなかったからです。

お世話欲の充足行為を、適切な相手である博打打ちの亭主に対して10 0% やり切っていないうちに、「共依存だから突き放しなさい」というアドバイスに従って途中で放棄したとすると、「お預け」を食らった形になります。

それでは、お世話欲をズルズルといつまでも引きずってしまいます。あるいは別の世辞が必要な相手と同じことを繰り返すかもしれません。

周囲の人たちから「あなたたち、そんなにくっついたり離れたりして、よく飽きないわね。もう勝手にしなさい」と呆れられてしまいます。

これでは、愚痴を聞いてくれる相手さえいなくなります。繰り返しますが、ギャンブル依存症者の矛盾した行動を理解しょうと努力する必要はありません。わからないものは、いくら考えてもわらないのです。

その代わり、自分がその人に関わることでどんな欲望を満たしてもらってきたのか、これからも満たしてもらいたいのかという点に目を向けたはうが建設的なのです。

その結果、バカバカしい、アホらしいと思わなけれぼ、ずっとそのままどちらかが死ぬまで夫婦でいましょう。死ぬまで情が続くのですから、それはそれでよい夫婦。喧嘩ばかりしているとしても、お互いよい相手に巡り会ったと感謝するべきです。

「お世話欲」を適度に満たしながらつき合う

憎悪や怒りが軽減したら、次に「惚れている」「放っとけない」という妻は、自分がお世話欲の非常に強い人だということを自覚すべきです。

依存症本人の妻に「あなたはもしこの博打打ちの亭主と別れても、なにかを過剰に世話して生きていくしかないかもしれない」可能性大です。

両親が亡くなって思わぬ遺産が手に入ったら、ホスト狂いになるかもしれないし、犬や猫を数多く飼う多頭飼いや子どもへの過剰な介入をするかもしれません。

そうなるくらいだったら、長年連れ添ってきた夫でお世話欲を満たしたほうが妻にとっても平和で安全です。

これは共依存であなたがかかわるから、亭主はギャンブルがやめられないというケースもあるのです。「もっと突き放しなさい」といったアドバイスをする専門家医もいますが、突き放すと危ないと言う専門家医もいます。

共依存とは、誰かを献身的に世話することで、世話する相手をコントロールしようとする傾向を強め、結果として互いに依存した関係性から抜け出せなくなってしまう状能心です。

したがって、お世話欲が過剰なタイプに「共依存だから突き放しなさい」と助言しても、結局持て余したお世話欲を隠れてこつそり満たすしかない。そういわれて別れたり、別居したりしても、ギャンブル依存症者にコソコソお金を送ったり、アルコール依存症者の生活の世話をする(元) 妻たちは大勢います。

これはまったく矛盾した話で、矛盾した行動です。「私はもうお世話欲は満たした、もう十分だ」と思ったり、「私はなぜこんな人に怒りや恨みを持っているのだろう」とアホらしくなったりすれば、そこで情が尽きるかもしれません。

お世話飲も恨みも源泉は「情」。情が尽きたら終わりですから、そのときになってから感謝とともにサヨナラすればよいです。

人は誰かに話すと悩みが軽減されたり解消する

妻がギャンブルにはまった夫に惚れているとしても、妻には夫に苦しめられ裏切られた憎悪や怒りが残っています。

それでも惚れている」ことを自覚したら、次はその憎悪や怒りをケアしないといけません。憎悪や怒りを本人に直接ぶつけてしまうと「愛されてない」「見捨てられた」と思い込み、ますます追い詰められてギャンブルをしたくなります。

かといって憎悪や怒りをため込んでおくのは精神衛生上よくありません。憎悪や怒りをぶつける対象を決めて、共感して聞いてくれる人に自分の心の内をはき出すべきでしょう。

憎悪や怒りは担当の医師に訴えてもいいですし、自助グループの家族の会に聞いてもらう手もあります。

ただし、家族の会は結果的に断ギャンブルや「コントロール・ギヤンブリング」への移行に成功した家族だけが集まっているケースが多く、「私は亭主をこうやってやめさせた」という自慢話を聞かされるハメになり、断ギャンブルにも「コントロール・ギヤンプリング」にもまだ成功していないと居心地が悪く、肩身の狭い思いをすることもあります。

家族の会が自分に合わなかったら、友達でも親戚でも誰でもOK。「これから10分間、亭主の悪口をいうから、黙って聞いて」と頼むのです。そうしたら1 週間後には、ギブ・アンド・テイクで聞いてくれた相手の愚痴も10 分間、黙って聞いてあげるといいでしょう。

誰かに話をするだけで憎悪や怒りがだいぶ晴れて、ずいぶんと気が楽になります。それは自分がいっていることを自分自身も聞いているから。すると不思議と冷静で客観的皇熟分になって「亭主の問題娃は亭主の問題。私がガチャガチャいうことではない」とバカバカしく思えてきます。『ギャンブルをやめてよ! 』『借金どうするの! 』なんて私はなぜいつもカッカカッカしていたんだろうと自分自身を客観視してアホらしくなってくるのです。

依存症から回復するポイントのひとつも、最終的に自分のやっていたことがバカバカしくなること。ギャンブルもアルコールも誰かから禁止されたり、我慢したり、頭で理解したりすることではなく、それ・目体がアホらしくなるのが回復の近道なのです。

アホらしくなるためには客観視しないといけませんし、客観硯するためには誰かに話をするのが有効なのです。その意味では患者さんが自助グループで自己開示することはとても有効な手段です。

それでも一緒にいるのは惚れている証拠

依存症になるとは借金を返すためにギャンブルをするとか、仕事で嫌なことがあつたからギャンブルをするとか、さまざまな理由をつけてギャンブルをしますが、繰り返し触れているように、じつは別の欲望を満たすための行為です。

でも、それは依存症者の妻も同じこと。「どうしようもない博打打ちの亭主と別れないのは、自身の隠された欲望のせいかもしれません。それは金銭欲ですか、世間体ですか、子どものためですか、それがなんなのかを考えてみませんか」というふうに聞きます。

1回で答えが出なければ、「しばらく考えてみてください。次の受診時に、この話の続きをしましょう」と約束してその場は帰ってもらいます。

すると自分自身に正直な妻なら「だって放っとけないもの」といい出します。そのセリフが聞けると、主治医はたいがい「いいですね」と手を打って喜びます。「別れるのはまるで見殺しにするようで、亭主が可哀想なのでしょう? 」と水を向けると、「そうなんです、あんな亭主でも… 」という答えが返ってくるケースが大半です。

兄弟姉妹や成人した子どもたちは「別れたほうがいいよ」「なぜ別れないの」と口々にいいますが、それでも妻は「放っとけない、可哀想だから」というのです。多くの医師は「可哀想ってこたあ、惚れたってことよ」といいます。「結婚して何年? 20 年、30 年たっても惚れているなんて素晴らしいじゃないですか」と言うでしょう。

そもそも惚れていないのなら、病院に連れてくる前にとっくに別れています。自分のことのように悩んでいること自体、惚れている証拠なのです。これを「夫婦の情」といってよいかもしれません。同様に親子のつながりも本質は血縁( DNA) ではなく「情」です。

たとえ、優秀な専門医でも、ギャンブル依存症の病理を完全に理解はできていません。だから妻が夫のギャンブル好きの心情を理解する必要はなく、夫を「惚れているかどうか」「放っとけないかどうか」「情があるかどうか」を基準として身の振り方を考えるべきだと思います。そこに「愛」あるかどうかで判断すればいいでしょう。

 

離婚せずにいる理由がわかっていない

依存症者を夫に持つ妻の多くは「別れない理由」を必死に探しています。別れない理由は、「子どもがまだ小さいから」「子どもが結婚前だから」「子どもが結婚したから」「孫ができたときにおじいちゃんが居たほうがいいから」「年寄りの面倒を見ないといけないから」「家が共有名義だから」などと次から次と出てきます。

これでは死ぬまで離婚できません。専業主婦で無職の場合、離婚してひとりでは生活できなくなるというのは深刻な問題ですが、そうなると生活保護を申請してもらうしかありません。安いアパートを借りてひとり暮らしで生活保護をもらい、足らない部分はパートをするという暮らし方は、現在の日本ではギリギリ可能だと思います。

夫のギャンブル依存をつねに気にして、借金に苦しみながらビクビクして生きる人生より、パート先で慣れない仕事に苦労してでも、自分の力で生きていくほうが精神的にずっと楽だと思います。

そう考えると別れない理由はないのです。そんな話をしていると「私はなぜこの人と一緒にいるんでしょうか? わからなくなってきました」と妻がいい出します。そんなときには、「そうでしょ、よくわからないでしょう」とかえしましょう。

今度やったら今度こそ「離婚する」「別れる」は甘えさせるだけ

夫のギャンブル依存症で困っている妻のなかには、離婚届を書いてそれを歯止めにしてもらうという手を使う人もいます。

「あなたが今度ギャンブルに手を出したら、無条件で離婚します」などと一筆書き、日付を空欄にして夫に署名捺印してもらうのです。あとは妻が名前を書くだけで有効になるようにしておいて、金庫なりタンスなりにしまっておくという方法です。

ところが、夫が約束を破ってギャンブルに手を出したら実際に別れるかというと、そんなことはありません。

多くの依存症の方を見ているとこの方法で別れた実例はほとんどありません。本気で別れるつもりなら「別れたい」と思ったその日に役所にいって離婚届を出すなり、あるいは相手が「別れたくない」というならすぐに調停をかけないとダメです。

中途半端な脅しは、「どうせ別れないくせに」と依存症者に高をくくらせ、甘えさせるだけで依存症者の家族や周囲の人たちが、ギャンブルをやめられる状況をつくることは大切なことですが、それでもギャンブルを必要とする状況は周期的にやってきます。

そんなときに「今度やったら離婚するよ! 」という脅しは歯止めにならないのです。もしどうしても脅したいのなら、「ただちに自助グループへいけ! 病院へいけ!裁判所へいけ! もしいかないなら、私が具体的な行動をとってあなたの面目を丸つぶれにしてやる! 」と啖呵を切るくらいの覚悟がいります。

その場合、妻は夫と一緒にその泥を被る覚悟が不可欠。それくらい腹をくくって脅すのなら有効だと思いますが、行動をともわないただの脅しは相手に「まだまだ大丈夫だな」と思わせるだけです。

ですから、夫のギャンブルに悩む妻が離婚届をわざわざ書く必要はありません。「本当に別れたいと思ったら別れよう」と心に刻んでおけばそれでいいのです。中途半端な脅しを繰り返していると、依存症者は「自分は嫌われている。愛されてない。いつ離婚されるかわからないし、自分のことを認めてもらえてない」という不安と恐怖にさいなまれます。

すると家庭にいでも安らぎが得られませんから、ギャンブルに癒やしを求めるという、悪循環に陥ります。

妻にとっても、亭主が嘘をついてギャンブルをしていないかどうかを、うの目たかの目で見張る生活が続きますから、どちらも無用な緊張感と苦痛を味わうだけです。