夜尿症

3歳ごろまでは夜中におもらしをするのはふつうのことで、これは夜尿症とはいわない。しかし、4歳を過ぎて、ほかにからだの異常がないのに夜中に尿をもらす場合は夜尿症である。

原因

原因はいろいろある。下に赤ちゃんができてから急におもらしをしはじめることもあり、これは欲求不満のひとつのあらわれである。

また、夜間腎臓の働きがよくなって尿をたくさん出す体質や、膀胱容量が少ない場合、さらには膀胱容量と夜間尿とも正常な場合、寒い場合などにもみられる。
いずれにしても小学校入学後はしだいに治るものなので、幼児期ではあまり気にしないこと。叱ったり、恥ずかしい思いをさせるのは逆効果である。

治療

夕食後は水分を控える、夜中にトイレにいかせるなどはよく使う方法だが必ずしも効果があるとはいえない。薬でも神経を緊張させる薬が効く場合と、逆に鎮静的に働く薬が効く場合とがある。

いずれにせよ入学前の幼児の夜尿は病気ではないので、あせらず、叱らず、起こさず、失敗しなかったらほめてやるなどの配慮が必要である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です