パーキソン病

四肢のふるえと筋肉の強直があらわれる原因不明の病気である。脳動脈硬化症、一酸化炭素中毒でもあらわれる似たさっな症状を含めて呼ぶ場合には、パーキンソン症候群という。

症状

ある日突然、手足や顔面の筋肉が突っ張ってかたくなる、手足がふるえる、動作がきわめて鈍くなる、などの症状があらわれる。このため顔の表情に変化がなくなるとともに、ひじやひざを軽く曲げて首をやや下げぎみにする独特の姿勢をとるようになる。

原因

脳の異質でつくられるドーパミン(神経伝達物質の一種)を放出する神経細胞の消失が原因と考えられている。

治療

いくつかの有効な薬が生み出されて、対症療法に効果をあげているが、薬で根本的に病気を治すことは現在でもむずかしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ