多動症候群

症状

子どもが身体的にも精神的にも極端に活動的な状態を多動という。症状としては、長時間注意を集中させられず、かんしゃくを起こしやすくなる。
また、エネルギーが旦署田なので、あまり眠らず、動きまわる。多くの場合、9~12歳ごろになると症状は減少する。

原因と治療

分娩障害やビタミン不足などのため脳にわずかな傷があるという説や、正常な行動の極端な例にすぎないという説などがある。
早期に医師に相談する。治療が必要なケースもあるが、まずは家族が理解と寛容を示すことが大切である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ