百日ぜき

症状

微熱や鼻みずなどの症状で始まる。しだいにせきがひどくなり、1~2週間で発作的なせきをしだす。せき込んだあと、ヒューという笛のような音をたてて息を吸い込むのが特徴。
2~3週間後、せきは徐々に減少して回復する。

治療

抗生物質を用いる。病状が進行すると効力が落ちるので早期受診が必要。予防接種(DPT)の実施により、現在では発病は減っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ