薬物アレルギー

薬の副作用によって、さまざまな症状が出ることをいう。一時的な発疹やかゆみで治まるケースもあるが、牛命にかかわることもある。注射や服用によって体内に吸収された薬がアレルゲン(抗原)となって、抗原抗体反応を起こすために生じる。
アナフィラキシーショックは、薬物アレルギーのなかでも最も重い症状で、その代表としてペニシリンによって起きるものが知られている。
ペニシリンを注射して五分以内に呼吸困難になり、お、つと意識を失う。そのさい、吐きけや嘔吐、失禁、じんま疹を伴うこともあり、やがて血圧が急速に下がって、放置すれば危険な状態となる。ショックの原因となるのはペニシリンばかりではなく、ほかの抗生物質でも起こすことがある。そのため、医師はアレルギーを起こす恐れのある薬を用いるときには、前もってアレルギーの有無を判断することになっている。以前にアレルギー症状の経験がある人は、そのときのことをくわしく医師に報告するようにしたい。

その他の薬物アレルギー

薬物によるアレルギー症状としては発疹が最も一般的だが、そのほかにも白血球や血小板などの減少や貧血といった血液障害や、ぜんそくなどの呼吸器症状、肝臓や腎臓、胃腸の障害、筋肉・関節痛、視力・聴力障害などさまざまな症状があらわれる。
これらのアレルギー症状を避けるためには、医師からの薬に関する指示を必ず守ること、市販薬は説明書をよく

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ