新生児メレナ

血便と吐血を主とする、消化管の出血が起こる病気である。

症状

血液の混じった吐物や血便がみられる。吐物はコーヒーかすのような黒褐色、便はコールタールのような黒色。出血が多いと、鮮紅色の血液が混じることもあり、新鮮血を吐く。

重症の場合は失血によって死亡する。以上は真性メレナで、単に血液を嚥下して起こる吐血や下血(仮性メレナ)と区別する必要がある。
仮性メレナは、分娩中に産道の血液を飲んだり、生後きれつの母親の乳の報裂から出血した血液を飲んだために起こるものである。

原因

ビタミンK不足による血液凝固因子の障害、あるいは食道、胃、腸のぴらんなどが原因で、生後2~4日に発病する新生児出血性疾患のひとつ。

治療と予防

治療にはビタミンKが有効だが、未熟児や無酸素症を伴った新生児の場合には効かないことがある。失血が多い場合は新鮮血の輸血を行う。予防には、出生後早いうちにビタミンKを用いる。
ビタミンK

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ