成長痛

幼児のひざや足首などに起こる原因不明の痛み。自然に治ったかと思うとぶり返したり、痛みの起こり方はまちまちだがX線検査や血液検査を行ってもすべてに異常がない。

このような場合は、子どもの活発な運動に下肢の発達が追いついていけないために起こる成長痛(成長期の発育痛)と診断される。
疲労のほか、甘え、心因性のストレスが原因となることもある。ただし、まれにだが重大な病気でも似たような症状がみられることがある。成長痛と軽くみないで、一度は検査を受けたほうがよい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ