小児肘内障

赤ちゃんの手を上に引っばったとき、転んで手を下敷きにしたときなどに痛がって泣きだし、手を上げることもできなくなることがある。腱の位置のずれが原因で、これを肘内障という。

症状

痛がるが、ひじのあたりははれも熱もない。放置すると治りにくく、また治ったあとも痛みが2~3三日残るので早く処置をするとよい。

家庭での処置

処置は家庭でもできる。まずひじのあたりをさわってみる。骨折ならものすごく痛がるが、それほどでもなければ、ひじを曲げる運動でもとに戻してやる。

方法は、ダラリと下がった子どもの手首を握り、手首が肩に近づくまで十分にひじを折り曲げる。それだけで軽くポキンと音がして治ってしまう。治らなければ、手首を時計の針の進行方向にねじるようにする。もとに戻れば痛みはなくなる。ただし、しろうと療法は腕をいためることがあるので医師にみせる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ