皮膚カンジダ症

オムツかぶれの症状に似ているが、皮膚カンジダ症は、赤みが点状で盛り上がっており、しだいにはがれ落ちて紅斑となる。

原因は便中のカンジダ菌(カビの一種)。

オムツを当てているおしりは、ただでさえカピの繁殖に適している。体力の低下時や入浴しなかったことなどがきっかけでカンジダ菌が異常繁殖し、皮膚の表皮、角層に侵入して炎症を起こす。

予防としては、オムツかぶれ同様、オムツをこまめに交換する、おしりが汚れたら洗う、通気性のよい天然素材のオムツカバーの使用などが効果的。また、カンジダ菌の繁殖を促進する副腎皮質ホルモン剤をむやみに使わないことも大切である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ