血管性紫斑病

血管壁の透過性の克進、減弱、損傷時の収縮不全によって起こる紫斑病。アレルギー性紫斑病、アナフィラキシー様紫斑病、シェーンライン・ヘノッホ紫斑病ともいう。

症状

幼児期から学童期にみられ、手足やおしりに盛り上がった紫色のあざができて、同時に粘膜出血、関節痛、発疹、腹痛、腸出血(下血・タール便など) があらわれる。かぜをひいたあとにみられることが多い。

現任

溶連菌(溶血性連鎖球菌という細菌やかぜのウィルス感染によって起こると考えられている。

治療

安静にしたうえで、抗生物質や止血剤、抗アレルギー剤が用いられ、腹痛がひどい場合には副腎皮質ホルモン剤や凝固因子製剤が使用される。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です