面庁

顔面にできたおできのことである。ほとんどの場合、面庁は黄色ブドウ球菌の感染によるもので、激しい痛み、発熱などがみられる。

鼻のような正中部にできたときは、圧迫したりすると、細菌が血流にのって脳組織にまで及ぶ恐れもあるので、気をつけなければならない。治療は、抗生物質を使うと同時に局所を冷湿布する。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください