接触皮膚炎

いわゆる「かぶれ」である。皮膚に化学物質が触れることで起きる皮膚炎で、憤困となるものは、漆など植物性のもの、腕時計など金属性のもののほか、オムツカバーなどのゴム類、化粧品類、香料、薬剤などさまざまである。

症状

原因となるものによって多少の違いがある。ただ、おもにアレルギーによって起きるので、原因がわからないまま放置しておくと、皮膚炎が繰り返すうちに皮膚が肥厚したり変色したりして治りにくくなる。そのため診察では貼布試験によって、原岡となる
ものを見つけだすことが第一となる。

治療

副腎皮質ホルモン剤の軟膏が用いられることが多く、かゆみ止めのためには抗ヒスタミン剤を服用する。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ