顔面神経まひ

顔面神経に障害を受けたために、障害を受けた側の顔の筋肉もまひして、表情がなくなる病気。

症状と原因

顔の片側だけに症状が起きるのがふつうだが、まれに両側に起きることもある。まひしてくると、筋肉がゆるむために顔がゆがみ、シワが寄らない仮面のような顔つきになったり、まぶたが完全に閉じられず、また、まひした口の片側が開いたままでよだれをたらしたり、食べ物が出てしまったりする。
悪化すると、激しいめまいや耳鳴り、歩行障害や味覚の喪失をきたしたりすることもある。原因は今のところ不明だが、ウィルスなどの感染によって起こるとも考えられている。そのほか、神経炎または脳腫瘍など、頭蓋骨内の内外の神経の炎症または腫瘍が原因で起こることがある。

治療

突然症状が起こった場合はすぐに医師の診察を受けるが、治療としては副腎皮質ホルモン剤やビタミンB複合剤などを服用し、マッサージや電気治療も有効とされている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ