虹彩毛様体炎

虹彩(茶目) と虹彩に隣接する毛様体が炎症を起こすもので、眼痛を伴うことが多い。

症状

視力低下、眼痛を訴え、茶目の周囲の白い部分が充血したりする。

原因

サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病(ブドウ膜炎の一種で急激な視力障害を起こし、1ヶ月くらいで治る病気)、リウマチなどの全身疾患の一症状として起きるほか、局所的な感染症でも発病することがある。

治療

水晶体の癒着は、白内障や緑内障などの原因ともなりかねないので瞳を大きく聞かせる処置を行う。また
副腎皮質ホルモン剤や消炎剤の点眼や内服で炎症をしずめる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ