網膜剥離

網膜が眼底からはがれ、硝子体中に出てしまうのが網膜剥離で、特発性網膜剥離と持続性網膜剥離の2つがある。

特発性網膜剥離

症状

網膜が変形を起こして薄くなり、一部に穴があいてそこから硝子体液が網膜の下にまで浸透し、そのために網膜がはがれてしまうもの。先行的な症状としては、飛蚊症、暗いなかで花火の火が飛ぶように見える光視症を自覚することがあるほか、視野の一部がおおい隠されたように見えなくなる視野障害や視力低下があらわれる。

原因

穴があく原因としては、高度の近視や網膜のう胞状変性などの老人性変化が考えられ、目の打撲、過労、強い振動をからだが受けたときなどに誘発されることが多い。

治療

手術以外に方法はなく、手術も早いほど回復する見込みが高い。先行的な症状を自覚した場合は眼科医にすぐにみてもらい、悪化しないうちに、光線ではがれた網膜を焼いて貼りつける光凝固の処置を受けるようにする。

持続性網膜剥離

症状と原因

眼球内に腫瘍ができたり、網膜脈絡膜の病変などが原因となって網膜がはがれるもので、症状も特発性網膜剥離とほとんど同様である。

治療

網膜脈絡膜は、先にその原因である病気の治療をしてから網膜剥離の処置が行われ、眼球内に腫瘍ができている場合は眼球の摘出手術を受ける。

1件のコメント

  1. ピンバック: 飛蚊症 | Condition

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください