耳管狭窄滲出性中耳炎

超高層ビルのエレベーターに乗ったり、飛行機で急降下したときなどに、急に耳がふさがったように感じることがあるが、これは中耳腔と外気圧のアンバランスが原因となって起こる。
同様の症状が病変によって起こるもの耳管狭窄、狭窄のために中耳腔に分泌い物がたまったものを滲出性中耳炎という。

症状

耳内がふさがった感じがして自分の声が強く響いたり、または難聴になったり、耳鳴りを感じたりする。

原因

かぜなどで起きる炎症(耳管炎)、アデノイド増殖症、上咽頭のがんなどが原因となる。

診断と治療

診断としては、鼓膜の観察や聴力検査、鼻からカテーテルという管を入れて耳管の通り具合をみたりする。一般的には空気を中耳腔に送って通気をよくする通気法がとられる。滲出性中耳炎は、鼓膜を切開して分泌物を取り出すか、管を入れて液が外に出るように処置することになる。

応急処置

自分で簡単にできる通気法がある。鼻をつまんで鼻腔をふさぎ、ゴクンとつばを飲み込む。こうすると空気が耳に入るのがわかる。
この通気法を1日に何回も繰り返す。ただし、注意しなければならないのは、かぜをひいているとき。この場合には、耳管の炎症が中耳腔に及んで、中耳炎を起こす恐れもあるので、この通気法は行わないほうがよい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ