老人性難聴

症状と原因

耳の老化によって起こる病気のひとつで、中年を過ぎて発病する。進行性のもので、しだいに外の音が聞こえなくなり、悪化するとほとんど聞こえなくなることもある。耳鳴りは、人によってある場合とない場合がある。

治療

治療法もなければ予防法もないのが現状で、聴力検査を受けて補聴器を使用するのが望ましい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ