急性中耳炎

症状

耳がつまった感じになり、強い耳痛、難聴に加、え、発熱、全身倦怠、頭痛が起こる。そのうちに鼓膜が破れて耳だれが出ると、痛みもやわらいでくる。
中耳炎がさらに悪化して、乳様突起にまで炎症が及ぶと、耳の後ろがはれて、高熱、頭痛などが起こってくる。この症状を乳様突起炎という。しかし最近では、抗生物質の進歩と栄養の改善などにより、こうした例は少なくなった。

原因

耳と鼻をつないでいる耳管から、連鎖球菌、ブドウ球菌、インフルかのうエンザ菌などの化膿菌が中耳腔に入って炎症を起こす。とくに幼児に多くみられ、かぜが誘因となっていることが多い。

診断と治療

鼓膜を検査すると、色やはれ具合から簡単に診断できるが、外耳道炎を併発して、外耳通がはれていると鼓膜が見にくいため、診断がむずかしいことがある。治壊は抗生物質や鎮痛剤を用いるが鼓膜がはれてうみが充満している場合は、切開してうみを出す。安静にしていれば1週間程度で治る。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ