口腔乾燥症

症状と原因

唾液の分泌が少なく、異常に口が乾き、食べ物が食べづらくなる。急激な口腔乾燥は、高熱を出したり、激しい発汗、大出血、激しい下山刑や精神的に興奮した場合などに起こる。乾いたままの状態が続くと、口腔全体が萎縮し、舌の上の面が平らになり、灼熱感や痛みがある。

治療

対症療法として、水分の多い食べ物を食べるほか、薬を服用したり、人工唾液を使用することもある。しかし原因となる病気がある場合は、その治療が第一である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ