口角炎

症状

口の両側の皮膚から粘膜にかけて赤くなり、亀裂が生じて出血して潰瘍ができ、最後はかさぶたとなる。俗にカラスの灸といわれている。口を開けると、かさぶたがはがれて出血するが、ふつう2~3週間で完治する。

原因

多くは細菌や真菌の一種であるカンジダなどの感染のほか、ビタミンB2が欠乏している場合、貧血や慢性の病気による衰弱などが原因となる。

治療

薬を塗布するほか、ビタミン秩が欠乏している場合もあるため、ビタミン剤を服用する。ドラッグストアーや通販で購入できる口角炎の治療薬はこちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ