亜急性甲状腺炎

症状と現任

甲状腺が徐々にはれて炎症を起こしたもので、体温が上昇してのどのあたりが熱くなる。首の前のあたりがはれて痛みだすが、皮膚が赤くなるようなことはない。甲状腺をさわってみるとかたくはれており、押すと耳に響くような痛みが走る。発熱は高熱の場合も微熱の場合もあり、さまざまである。原因はまだ不明である

検査と診断

血沈が著しく速くなり、血液中の甲状腺ホルモンを測定すると、一時的に増加するが、その後、減少する。

治療

原因がはっきりしないため、根治療法は確立されていないが、症状を軽くするために、まず安静にすることが必要。比較的重症の場合は、副腎皮質ホルモン剤を用いると、症状が軽くなる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ