変形性頸椎症 頚椎椎間板変性症

症状

腕のほうに延びる神経が圧迫され、肩や味などに痛みが起こる。また、椎骨動脈が圧迫されるため、めまい、頭痛、耳鳴りなどを起こすことがある。

原因

中年を過ぎると、骨や軟骨が老化するため、椎間板がつぶれ、骨の丸みがなくなる。また、椎体の間のすきまが狭くなって神経根の通路である椎間孔や脊髄を入れる脊柱管が狭くなってくる。

治療

頸椎の牽引療法、ホットパックなどの温熱療法などがよい。痛みやしびれが激しいときは、鎮痛消炎剤、筋弛緩剤を使用する。このような治療でも症状が悪化するようであれば、精密検査をしたうえで、全身麻酔による手術が必要になってくる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ