自然気胸

外傷などを受けず、肺の疾患などで胸膜腔に空気がたまった状態を自然気陶といって、胸部の圧迫感をおぼえたりする。

症状と原因

肺が圧迫されたり、胸部の不快感、痔痛や呼吸困難などが起きる。原因としては、肺の表面にでき気腫のう胞という小さなふくらみが破裂したり、胸膜の癒着部分がなんらかの原因で裂けたりして、そこから肺のなかにあった空気が胸膜腔内にもれるためと考えられる。

症状と原因

肺が圧迫されたり、胸部の不快感、疼痛や呼吸困難などが起きる。原因としては、肺の表面にできた気腫のう胞という小さなふくらみが破裂したり、胸膜の癒着部分がなんらかの原因で裂けたりして、そこから肺のなかにあった空気が胸膜腔内にもれるためと考えられる。

治療

安静にしていれば自然に破れた胸膜はふさがり、癒着も自然に治り、肺も膨張してくるものである。それでもなかなか好転しない場合は、脱気法といって胸腔にある空気を抜く方法がとられる。この方法でも回復しないときは手術をする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ